成約率を上げろ!役立つステップメール業者ランキング

top > ステップメールとは > ステップメールを活用して業務効率を上げよう

ステップメールを活用して業務効率を上げよう

 ステップメールはビジネスで業務効率や売上を上げることが可能となる便利なツールです。予め作成しておいた複数のメールをスケジュールやイベントにしたがって、思惑通りに配信することが可能となります。
 機能の概要から見ていきましょう。メルマガやニュース配信に似ていますが、特定の人に向けて何回か、メールを送信する点が異なります。
 興味を惹く内容であったり、新しいイベントを簡潔に伝えることにより、見込み客をつなぎとめ、メインサイトへ誘導するなど販促に寄与します。
 活用されるシーンも様々ですが、お客さんへのフォローアップや、リピート購入もしくは他の関連商品の販促へつなげていきます。資料請求者に対するフォローメール等があります。
 購読者に役立つ情報を配信し続けることで、信頼を得る目的で利用する場合もあります。


 ステップメールの書き方にはいくつか留意すべきポイントがあります。シナリオに対して、いかに効果的にコンテンツを配信するかを考えていきます。
 購買意欲を高めて、最終的には成約に持っていくことになりますが、最初は信頼を得ることに注力します。
 読み続けてもらえるように、複数回、送信するメール内容の構成に配慮します。具体的には、次のメールが楽しみになるような構成です。
 特に一通目は、初めて読んでもらうのですから、充実した内容とするようにしたいところです。広告や宣伝を意識せずに、読者に役立つ情報を提供するといった意識で伝えていきます。
 与えすぎるくらいに、情報を充実させることが重要です。次のメールを読んで貰えるか否かが、この一通目のメールにかかっています。
 次を読みたくなるような内容を書き、予告など掲載しつつ期待感を持たせる演出も大切です。


 成約率を高めるステップメールには、定型のやり方がありますので、基本のやり方をまず学んでおくと効率がアップします。
 送信する本数、シナリオの構成方法や、クロージングの仕方など、それぞれノウハウやコツがあります。
 まずは配信す情報を用いて何をするのか、目的を明確にしてターゲットとなる読者が興味を持つであろう内容でコンテンツを作成していく必要があります。反応率を見ながら、配信内容を修正していきブラッシュアップしていきます。
 いきなり良いメールを書くことはできませんので、データを取りながら反省をしていくことが重要です。ホームページへの誘導や、動画や音声などのメディアを駆使し、興味を持たせていく方法も有効です。

ページトップへ